【映画を見る前に本を読もう】人間失格 太宰治と3人の女たち 映画感想レビュー 

【映画ネタバレあり:ご注意!】

今日は、太宰治の「人間失格」を見てきました。

なんと二階堂ふみさんが脱いでいました!

男性読者は映画を見に行った方いいですよ。笑

太宰治=走れメロス、斜陽、人間失格

こんな覚え方しかしていない私でしたが、今回の出演者は小栗旬と沢尻エリカ、二階堂ふみ、藤原竜也など豪華メンツにより「絶対見る!」と決めていました。

内容よりも、メンツを見に行く!といった感じ。

正直、太宰治と人間失格には、さほど興味はなかったのです。

しかし…映画館を出た後すぐに、

さとパパ

人間失格読みたい読みたい読みたい読みたい

状態になっていました。笑

映画館を出た後にソッコーでamazonポチりました。笑

人間失格改版 (新潮文庫) [ 太宰治 ]

価格:302円
(2019/9/25 21:07時点)
感想(51件)

そんな太宰治の人間失格を見た感想や見どころそもそも人間失格とは何?という視点てお伝えします!

監督蜷川実花と豪華キャストすごすぎる…そして藤原竜也がもったいない

ErikaWittlieb / Pixabay

監督『蜷川実花』

前作『ダイナー』は、かなり色鮮やかな作品で、蜷川色がかなり出ていたと思います。

しかし、今作は良い意味で落ち着いている作品です。

戦後の日本の雰囲気を残しつつ、蜷川実花さんの映像へのこだわりが随所に見られます。

ダイナーで蜷川実花色を強く感じた方は、今作品の「人間失格 太宰治と3人の女たち」は普通の映画としてみられるかもしれません。

見やすい伝記映画となった分、蜷川実花さんのファンの方は、ちょっと物足りない作品なのかもしれません。

しかし、キャストが豪華なのでそれだけでもみる価値ありです。

豪華キャスト

豪華すぎるメンバー

太宰治:小栗旬

津島美智子:宮沢りえ

山崎富栄:二階堂ふみ

太田静子:沢尻エリカ

佐倉潤一:成田凌

太田薫:千葉雄大

三島由紀夫:高倉健吾

坂口安吾:藤原竜也

坂口安吾:藤原竜也!?

藤原竜也さんがキャストなのに、ほとんど出てきません!

もったいない!!!

本当に、トータルでいえば数分だったと思います。

しかも、ストーリーにほぼ影響なし!!

なんて贅沢なんでしょう。笑

前作『ダイナー』では、反対に、小栗旬さんが数分の出演だったと思います。

これも、蜷川実花さんと小栗旬さん藤原竜也さんの関係だからこそできるものなのでしょうか。

それにしても、もう少し藤原竜也さんを見たかった!(個人的にめっちゃ好きな俳優)

二階堂ふみさんが脱ぐ!!

 

まさか、二階堂ふみさんが脱ぐとは!!

かなりびっくりしました!!

普通に胸を出していましたし、一瞬ではなく、1、2分シーンが続きました!

男性のみなさん見たくなりましたか?笑(女性のみなさんすみません)笑

沢尻エリカさんの脱ぐシーンはなかったので、二階堂ふみさんの濡場は目立ちました。

やはり有名女優さんが脱ぐとなれば世間もざわついています。

二階堂ふみさんの胸が出た瞬間に、ポープコーンの手が止まったには笑ました。笑

その友達の横を見る余裕がかっこいいですね!

感想

 本を読んでから見ればよかった。

もうこれに尽きます。

キャスト目当てで見に行ったので、正直太宰治が…とか人間失格が…などとは一切考えていませんでした。

小栗旬さんが演じる太宰治のクズっぷりや、宮沢りえさん演じる津島美知子の素晴らしき妻を見て、

『本当の太宰治やは津島美知子どうだったの?』

と考え、本を読みたくなったのです。

知ってから映画を見ればよかったと後悔しています。

みなさんは、もう太宰治や津島美知子の性格や当時の状況を詳しく知っているかもしれませんが、ほとんど知らない私みたいな方は、本を読んでから見ることをおすすめします!

本を読む時間がないという方は、太宰治がどのような人物だったかをググってみてから映画をみてもいいかもしれません。

とはいえ、映画のストーリーを純粋に楽しめなくなる可能性もあるため、

『太宰治は最後どうなるんだろう?』みたいなワクワク感が欲しい方は、映画の後に調べましょう!

 

人間失格改版 (新潮文庫) [ 太宰治 ]

価格:302円
(2019/9/25 22:18時点)
感想(51件)

 

斜陽 (角川文庫) [ 太宰 治 ]

価格:349円
(2019/9/25 22:17時点)
感想(7件)

さとパパ

映画で沢尻エリカが演じていた太田静子さんが書いた本だよ

斜陽日記(小学館文庫)【電子書籍】[ 太田静子 ]

価格:486円
(2019/9/25 22:17時点)
感想(0件)

本当の人間失格とは?

太宰治は人間失格だったのでしょうか?

数々の女性を愛し、妻を裏切り、酒に溺れていれば、誰だってダメな人間だというかもしれません。

しかし、心中未遂で女性だけ死なせてしまったことや多くの方に迷惑をかけた人生に罪悪感を覚え、自分を責め続けた一面もあります。

何が言いたいかというと、外から見る太宰治はダメ人間でも、心は腐っていないということです。

本当のダメ人間は、そんな風に自分を責めないと思います。

人が傷つくことを気にする心を持つ人の心は腐っていません。

いけない事をした時に反省する心も持っている。

人間として立派ではないでしょうか。

悪い事をしても謝ることができない大人こそ、人間失格なのかもしれません。