子供への英語の教え方!パパやママがおうちでできるかんたん英語教育

 

子供への英語教育が必要とはわかっているけれど。

早めに始めたほうが耳慣れしていいと聞くけれど。

DVD, CD, 本、英会話教室….うちの子にはどれが一番合うかわからない….

といったように子供に英語を教えるにあたって、何から始めたらいいのか分からないパパやママがたくさんいるのではないかと思います。実際に、私もそうでした。

そんなパパやママのために、私自身が我が家の4歳(当時)の息子に対して効果的だったなと思える家庭でできる英語教育(今回では英会話)を紹介しようと思います。とってもかんたんな教え方です。お気軽に英語教育を始めたい方、必見です。

 

その1 こどもに英語を教えることを勉強と思うべからず!

「この人、何を言っているんだろう」と思わないでください。

パパやママ(またはその他の英語を教えるお仕事をされている方)は子供に英語を教える際に絶対に忘れてはならないことです。パパやママは英単語を覚えるのに毎日単語帳とにらめっこしていたかもしれません。または、文法を覚えるのに必死に参考書にマーカーをしていたかもしれません。どうしても「英語を教える、学ぶ=お勉強」と身構えてしまう方が多いと思います。私自身もそうでした。

子供に少しでも多くの単語を覚えてもらおうと執拗に「これ、英語でなんて言うんだっけ?」とりんごを見せてまだ4歳のこどもの口から単語が出てくるまで粘り続けたり、「寝る前は必ず英語の本を読む!」というタスクを作り、あんぱんまんの絵本を読んでほしいとせがむ子供のお願いを退けて不満そうな顔の子供に腹を立てながら英語の絵本を読んだり….。

しかし、こんなことをしても親もしんどいし、子供も親のイライラが伝わって英語はなんだか嫌なものだと思ってしまいます。英語に限りませんが、小さな子供に何かを学んでほしいと思うときは「楽しさ第一」ですよね。英語教育はお稽古事でもスポーツや音楽と違い、お勉強系と思ってしまいますが是非ともスポーツや音楽と一緒と考えてみましょう。

「なんだか分からないけど、パパやママと英語のことを話したり、英語のことを聞いたりするのは楽しいな」という感覚を身に着けることがおうちのなかでの英語教育の第一歩だと私は考えています。「英語を教えること、学ぶことを勉強と思うべからず!」この考え方がとっても大事!

その2 体を動かして英語を教えよう!

では、子供に楽しんでもらえるように英語を教えるにはどうしたらいいの?

私は歌、リズム、に合わせて体を動かしながら英語に触れていく方法が一番我が子には効果的だったと思います。YOU TUBEでは様々英語番組を見ることができると思いますが、できるだけ体を一緒に動かすことができるものをピックアップしてお子さんと一緒に見てみてください。クタクタになるまで夢中で体を動かすことができるもの、面白くてゲラゲラお腹がはちきれるほど笑うような番組を繰り返しみることで、こどもたちはその番組を思い出して自然と番組内で使われていた英語を口にするようになるでしょう。

おすすめ動画はこちらです。

BABY SHARKという歌は小さい子の頭にも残りやすいのか全米、いや、世界中で今大人気です。思わず踊りながら口ずさむ子が多数!

GENKI ENGLISH チャンネル。大げさな動きの英語の先生が楽しく英語を教えてくれます。

なんだか楽しそうだな、そんなにおかしいかな?と思うほど夢中になるものを反復することで口ずさむ回数も多くなってきます。

あとから知ったことですが著名な脳科学者、茂木健一郎氏の「英語が得意な脳の育て方」https://www.amazon.co.jp/5%E6%AD%B3%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AB%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84-%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%8C%E5%BE%97%E6%84%8F%E3%81%AA%E8%84%B3%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9-%E8%8C%82%E6%9C%A8-%E5%81%A5%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4534056087/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=1NXDM6BM9WNPF&keywords=%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%8C%E5%BE%97%E6%84%8F%E3%81%AA%E8%84%B3%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9&qid=1573230460&s=books&sprefix=%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%8C%E5%BE%97%E6%84%8F%E3%81%AA%E8%84%B3%E3%81%AE%2Cstripbooks%2C215&sr=1-1
に前述したように「楽しいと思うこと」また、「体を動かすこと」が脳科学の観点からも英語の定着に効果的なことが記されています。興味のある方は是非とも読んでみてください。これからおうちでお子さんに英語を教えようとしているパパやママにとってご自身の経験ともぴったり重なりあって共感できる一冊だと思います。

その3 おおげさなジェスチャーを交えて子供に英語を教えよう!

体を動かしながら英語を教えると英語力の向上に効果的と書きましたが、あともう一つ。大げさなジェスチャーを交えて英語で会話することもとても効果的です。「そんなこと言っても英語話せないしな…」と思うかもしれませんが、問題ありません。とっても簡単な英語のフレーズで大丈夫です。大事なのは、役者になりきって表情、動作(ジェスチャー)を大げさにして口にする英語フレーズが見てわかるように連動させることです。

例えば「OH, MY GOD!!!!!!!!!!!!」

これだけれいいのです。

冷蔵庫から卵を落とした時、こどもが予想外のことをして怪我をしてしまったとき、様々なシーンで使えるフレーズです。また、そのシチュエーションによって発音の仕方、雰囲気も変わってきます。これだけで小さなこどもたちは「あ、こういうときに使う言葉なんだな」と理解していきます。

↑こちらのフレーズは一人ごとのつぶやきとして使うことが多いですが、人とのコミュニケーションでよく使うフレーズがこちら→

「EXCUSE ME」

息子が同じ年のお友達(日本育ち)ととある百貨店にあるプラレールショップの遊び場で遊んでいたときの話。英語しか話せない同じ年くらいの少年が息子のお友達が遊んでいたプラレール車両を悪意なく持ち去ってほかの遊び場に持っていってしまいました。息子のお友達は「それ僕の!!!」というも相手は分らず。日本語がわからないとわかると「EXCUSE ME~~~」と、その場にふさわしい発音で該当のプラレールを指さし、返して欲しいというニュアンスを込めてコミュニケーションをとっていました。後からお友達のお母さんに聞くと、保育園の英語の先生がこどもたちが話を聞かなかったり、なかなかほかのことに気を取られて先生のいうことを聞かないことがあると「EXCUSE ME~~~」と嫌味たっぷりのニュアンスで言うそうで、そのシチュエーションをこの場で再現していたようです。

「ちょっと失礼」と、誰かの前を通りたいときや道を聞きたいときにはサラッと言えるフレーズですし、このように「ええ?なんとかしてよ、どうにかしてよ、ちがうよ?」と異論を唱える時にも雰囲気を変えて使えるフレーズです。

このように、ちょっとした短いフレーズでも表情やイントネーションを変えてシチュエーション別に使い方を教える方法も非常に英語を教える際には効果的です。

 

さて、おうちでできる子供への英語の教え方、いかがでしょうか?体を動かすことで英語を吸収していくことに初めて気づいたのは息子が4歳の時、アメリカに住み始めて間もない頃にサッカー教室を受け始めた時です。明らかに何を言われているか分からないので他の子たちよりもワンテンポもツーテンポも遅れた動きではありましたが、準備体操や簡単なボールの操り方など、動きを通して様々な英語フレーズを吸収していっていました。

お子さんと外遊びをするときにかんたんな英語を取り入れて遊ぶのも一つの英語の教え方ですよね。