育児中に家の中にあると便利なおすすめグッズ!体験談あり!

便利なグッズはいつの時代も重宝されますが、今回は、意外な便利グッズの体験談もまとめていますので是非参考にしてみて下さい。

 

体験談1:子供が穏やかにいてくれると保護者は助かるのですが、そうはいかないのが子育ての難しいところ。
なぜ、子供は穏やかでいてくれないのか?それは、保護者のイライラが子供に感染しているから、保護者が穏やかに居られれば、子供も穏やかに居られるのです。
保護者が穏やかに居るには、ストレス要因から遠ざかること、しかし、保護者の中には子供がストレス要因になっている者も多く、その場合も子供から遠ざかるのが望ましいのですが、幼児だと目が離せません。
育児をしていると、子供はウロウロ歩き回り、モノを叩いて近所にとっては騒音、目が離せなくても耳を塞ぐことが出来ればストレスは抑えられます。
耳栓をすると耳から入るストレスは緩和、耳からの情報は減っても子供を見ていることが出来れば、育児に悪影響を及ぼすまでにはなりません。

 

体験談2:一寸だけ掃除したい時に、ハンディクリーナーはとても重宝しました。片手で持つコードレスタイプなので、軽くて、持ち運びも簡単・手軽で、お菓子の食べこぼし等掃除する時など汚れたものを直ぐに綺麗に出来て、大助かりでした。紙パック式ハンディタイプの掃除機だったのでこまめな手入れが必要なく、ゴミを捨てる時も手を汚さず、ゴミが舞い散る心配もないので、子供にも安心で良かったと思っています。子供達が遊んでいる最中ても、邪魔にならないように掃除する時も出来、育児中、気に入った商品でした。
チャイルドシートやベビーカーにも大活躍しまし、今でも大活躍です。

 

体験談3:アルコールを含んでいない、手や口を拭けるウェットティッシュです。メーカーは問いませんはアルコールなしがポイント。おしりふきもできるし、汚れた手や口まわりもふける。子育てしていると手形だらけの窓ガラスやテレビの画面もこのウェットティッシュでささっと拭き掃除。ハイハイ時期のお子さんの家庭だと、床も汚れ放題だと思うので、このウェットティッシュでササっと拭き掃除できます。意外にしっかりした生地なので、そのまま窓のサッシやスキマ掃除もしています。絶対に育児アイテムになくてはならないウェットティッシュ、大判サイズの利用が絶対に便利です。

 

体験談4:娘がキッチン下の戸棚を開け閉めしていて危険だったので、ダイソーに売っていた戸棚ストッパーはとても助かりました。プラスチック製のものと、シリコン製のものの2種類ありましたが、どちらも使えます。戸棚がたくさんある家庭向きなのは、シリコン製のものです。たくさんつけてもシリコン製のため、すぐに戸棚を開け閉めできますし、手間かかりません。プラスチック製のものなとても頑丈なので、包丁を入れている戸棚につけています。またゴミ箱を開けて困っていたので、セリアに売っていた赤ちゃん用のいたずら防止ストッパーで止めています。

 

体験談5:私の子供は、後追いがひどくて私が料理をしているときも、すぐ近くにいないと機嫌が悪くなってきます。

危ないので、キッチンに来れないようにゲージを付けようかと思ったのですが、基本ワンオペで私以外に見てくれる人がおらず、子ども一人で料理を作っている間ずっと待っておいてもらうことができませんでした。

そこで、マグネットで遊べるおもちゃが便利でした。

冷蔵庫にマグネットをつけて、これでしばらく遊んでくれたりしたので、危なくないですし、子どもの手先の練習にもなりますし、親も料理ができますし、一石二鳥かなと思いました。

 

体験談6:我が家はマンションでメインのダイニングテーブルはちょっとだけお洒落な海外ブランド製品を使用しています。これまで離乳食時は床に敷いたマットの上で食べさておりましたが、3歳となりダイニングテーブルで一緒に食事をしたいので「ハイチェアー」を購入しました。大人用の椅子ですと座高の高さが全く合わないのでこれはとても便利です。よくレストランにある様なタイプです。座面と足置き台は木製で子供の成長に合わせて高さ調整が出来るようになっています。これを購入してから親子で一緒に食事ができるのでコミュニケーションの部分でもとてもオススメグッズです。ネットで検索すると沢山ヒットしますよ。

 

体験談7:ズバリ!トランポリンです!
トランポリンを買う前は、子供が楽しそうにジャンプを繰り返しているのに気が付きました。自分でやるのも好きですが、私と両手を繋いでジャンプしたり、少し高いところから降りたりするのが楽しいそうです。
でもその都度毎回手を貸すのも大変なので、思いきってトランポリンを購入しました。
今回色々トランポリンの種類があるなかで選んだのは手すりバー付タイプのトランポリンです。
体重110キロまで大丈夫なので大人も子供も使用できます。子供と順番でやったりすると、順番を守ることも覚えますし、なによりトランポリン使用の運動量はとても大きいみたいで子供もおもいっきり楽しめます!
飽きずに遊べますのでオススメです。

 

体験談8:バンボという柔らかいイスです!カラーも豊富で水に濡れてもOKな上に座るところが深いため、赤ちゃんが落ちたりズレたりすることがありません。自分がお風呂に入る時に浴室に置いておくと安心して入浴することができます!また、首が座ってからはバンボに座らせたまま髪を洗ってあげることも可能です!ご飯の時もバンボなら安定しているのでラクラク食事ができます!別売でバンボにつけるテーブルのような物も売っているので座ってオヤツや座って遊ぶということもできます!一家に一つあれば下の子供達にも使えるのでとても便利だと思います!

 

体験談9:我が家では、子供が愚図ってご飯を食べなかったり、嫌いなものがあって食べなかったりすると必ず「お弁当箱」を使うようにしています。子供というのは不思議なもので、何故かお皿に乗せておくと食べないのに、お弁当箱に積めて出すと特別感が出るようでパクパクと食べ進めていってくれます。遠足みたいな気持ちになって嬉しいのでしょうね。
このお弁当箱の技は離乳食期にも使うことができます。おかずパックにいれてあげてお弁当箱につめると普段食べようとしないものもパクパク食べてくれるので、離乳食を食べてくれなくて悩んでいるお母さん、お父さんにはおすすめです。

 

体験談10:ベビーフェンスやベビーサークルが便利でした。ベビーフェンスは子供が自ら歩けるようになる1歳頃から使用していました。キッチンや階段など家の中で危険な場所にフェンスをすることで安全に自由に遊ばすことができました。フェンスを使用する前は、危ないからと怒ってばかりいたり、追いかけ回していたため大変な思いをしました。
ベビーサークルは6ヶ月頃から使用していました。ベビーサークルに手で触って音が出るおもちゃや窓がついており刺激があるようでとても楽しく遊んでいました。お昼寝もその中でしてしまうことも多くよく一緒に添い寝していました。狭くて安心するようでした。
このようにベビーフェンスとサークルは家の中にあると便利です。