小さい子供の育児中に便利なアプリ!10人の方にオススメを聞きました!

育児中のアプリというとYou Tubeを使っている人が多いですが、それ以外にも便利アプリはたくさんあります!ということで今回は、育児中に使える便利アプリを10人の方に使用感も含めて体験談を聞きましたので、是非参考にしてみて下さい!

 

体験談1:1歳未満の育児におすすめのアプリは、授乳ノートという、いつ授乳したか、などのお世話に関する事項をかんたんに入力するアプリ。もちろん、手書きでノートに記入していくのでもいいのですが、あれ?いつ書いたかな?とか自我流の記入になって、後から振り返った時に自分でも何を書いたのかわからない、というトラブルがないので、便利なアプリです。私の子供の場合、発育がややゆっくりで医師からミルクの量やうんち、おしっこをできる限り記録に残して欲しい、と言われたのでアプリを活用し、受診の時には先生にアプリごと見せ操作して記録を見てもらいました。ちょっとした心配事などもアプリ内の相談で解決できることもあるので、便利アプリです。

 

体験談2:カラダノートが提供しているぐっすりBabyはオルゴールなどの音の種類が豊富で子供が泣きやまない時に重宝しました。ステップ離乳食も食べたものが簡単に管理できるのでオススメです。本格的に離乳食が始まってからは、ninaruの手作り離乳食というアプリを見て離乳食を作っていました。戦術のステップ離乳食と同じで、食べたものを記録できるので便利です。あとは、ママリというアプリを使って、育児の悩みなどを掲示板に投稿していました。同じような悩みをもつ方や、月齢が近いママさんを簡単に検索することができるので、育児に悩んだ時には助けてもらってました。

 

体験談3:育児に関するアプリがたくさんあると思いますが、私は、1日の子どもの生活パターンを記録できるアプリを使ってとても便利でした。

子どもが何時に授乳だったのか、何時から何時までお昼寝をしたのかという記録をつけれるのは便利でした。

お昼寝の時間は、その子その子で違ってくるので、記録をつけているとだいたい、平均的に何時頃になると眠たくなるのか、何時間ほど眠るのかと言うのが分かってくると、これに対応することがしやすくなります。

外出中も手軽に記録をつけることができるので、何も荷物が要らずに毎日手軽にできるのが良いところです。

 

体験談4:まだ子どもが小さいときって、授乳や睡眠のタイミングも定まってないですし、うんちやおしっこの回数も多いですよね。
育児と家事に追われて、あれ?今日うんち出たっけ?おっぱいいつあげたっけ?なんて忘れてしまうこともしばしばです。
そんなときにおすすめのアプリがぴよログ。
授乳や睡眠、うんちやおしっこの回数をボタンひとつで記録できます。
その日の赤ちゃんのお世話が丸わかり!
お世話を振り返ることもできるので、授乳回数減ってきたかも♪とか今泣いているのは眠たいのかな?なども何となく分かるようになります。
授乳タイマーがついているので、おっぱいあげて何分たった?と悩まなくても済みます。
ちょっとしたメモも残せるので、育児日記をつけたいけれど続かないというママさんにもおすすめです。

 

体験談5:おすすめのアプリは、ママリです。初めての子育ては分からないことだらけでした。何が不安かも分からず、悩みだけが増えていく毎日でした。出産した病院には何かあったらいつでも電話するようにと言われていましたが、自分と病院が合わなかった為電話する気になれずにいました。そんな時に友達から教えてもらったのがママリでした。様々な月齢・年齢の子供を育てているママさん達が、悩みやおすすめの遊び場などを聞いて解決できる場です。「こんなことを書いてもいいのかな」と思うような事もママリなら気軽に相談できるので心のモヤモヤもすぐに解消できました。また、同じような悩みを持ったママと話ができるのもありがたかったです。近くに相談できる人がいない場合や相談が中々出来ないタイプの人など、ママリをぜひ試してみて欲しいと思います。悩みを打ち明けることは、ママを孤独から救ってくれます。無料アプリなので試して見てはいかがでしょうか。

 

体験談6:よく使っていたのは、「タッチ!あそべびー」というアプリでした。iPhone用とアンドロイド用とどちらもあります。
果物がなっている木をタップして果物を収穫するゲームだったり、わたげをタップしてわたげをとばすゲームだったり、タンスや椅子をタップして塗り絵をするゲームなどがあります。ゲームの種類は豊富で、回数に制限は全くないのですが無料で使うことができるのでよく利用していましたね。
また、嬉しいことにネット環境がなくても使えるアプリなので、あえて機内モードにしておいて使ってもらうこともありました。便利なアプリです。

 

体験談7:おすすめのアプリは、タッチあそべびーというアプリです。
とにかく操作が簡単で絵も可愛い!小さい子供でもタッチするだけで絵が変わったり、動いたりとかなり遊んでくれます。
外出先で子供がぐずった時にも、スマホを渡して、このアプリを見せたらおとなしくスマホとにらめっこです。
アプリの中にもひとつのゲームだけでなくて、何種類も入っているので少し飽きてきたなと思ったら、違うゲームに切り替えてあげてと長く遊べると思います!
うちの子は5歳になってもまだそのアプリで遊ぶほど、単純で分かりやすくて小さい子でも遊びやすいアプリでおすすめです!

 

体験談8:私が活用しているのは、手作り離乳食ninaruというアプリです。主婦にとってたくさんの家事を事務的にこなしてい中で、唯一頭を使って想像力を巡らせなければならないないのは献立作りです。毎食夜ご飯のメニューを何種類も考えなければいけないのに、加えて一歳くらいになるまでは、多いときは1日3回の離乳食メニューも考えねかればいけません。適当に済ませてしまったり、毎回同じメニューを出してしまえば簡単なことかもしれませんが、我が子に出来るだけ栄養のあるものをバランスよくと考えてしまうとかなり大変な作業になってしまいます。このアプリでは、いろいろな食材を使った簡単な離乳食メニューをたくさん紹介してくれてあるのでとても役に立っています。

 

体験談9:育児中に限ってというわけではないですが、クックパッドはとにかく使えます。赤ちゃんの離乳食のアイデアをもらったり、時間も気持ちの余裕もない状態で日々の献立を考えるのがしんどいことも多い中で、ささっと検索してぱぱっと作れるなど、本当に助かっています。レシピ本をめくって探すよりも手軽です。子供の遠足のお弁当のキャラ弁アイデアや、近所のお友達をたくさん呼んでハロウィンやクリスマスのパーティーをしたときのパーティーメニューなども、とにかくたくさんのレシピが投稿されていますのでそんなに困らずに対応できました。また、アレルゲンを使わないお菓子などのレシピもたくさんありますので、食べられない食材が多くて悩んでいるママさんにはとても助けになると思います。子供が小さいときから、食べ盛りの中・高生に至るまで状況に合わせて使いこなせる優秀アプリだと思います。

 

体験談10:私がオススメするアプリは『ぴよログ』です。
こちらのアプリは主に新生児の時に頻繁に利用していました。
新生児は3時間に1回、授乳しないといけないので忘れてしまわないように授乳やおむつを替えた時間をアプリで入力をして把握できるアプリを探していました。
こちらの『ぴよログ』というアプリは授乳した時間やおむつを替えた時間を入力できますし、見やすくて把握しやすかったです。
また、現在は身長と体重を入力するのに利用しています。
母子手帳に記入して見ることも出来ますが、わざわざ出さないといけないので、こちらアプリに入力しています。母子手帳と同じくグラフで見ることが出来るので子供の成長を簡単に見ることが出来ます。とてもオススメのアプリです。”