【自己紹介】子どもが大好きで、出かける時はいつも子どもと一緒

わたしは、子どもが大好きで、様々な子どもに関わってきました。

学校現場での子どもたち、習い事の子どもたち、家での子どもたち…

同じ子どもでも、場所によって見せる顔は様々です。

それを見てきたからこそわかる情報を伝えていきたいと思い、本サイトを作りました。

子ども(kids)を「好きでいたい」「子どもの思いに気付きたい」と考え、サイト名をkids-kiとしました。サイト名には3つの意味があります。

考えていることを正直にお伝えできるサイトにしていきたいと思います。

目的

とにかく読者にとって有益な情報をお伝えしたいです。

経験したことや感じていることを中心に、読者に新たな視点をもってもらうことです!

マイルール

・デメリットを含めて正直に書く。

・良いことばかりを書かない。

・周りの意見に左右されずに、自分なりの考えをもって書く。

書きたいテーマ

・自分の子どもと行ったおすすめの場所やホテル

趣味で遠出することが多いので、よくホテルに泊まったり地方の名所に行きます。

・英語関係

子どもがオンライン英会話を習っています。昔では考えられない素晴らしい学習法だと思います。

・プログラミング

プログラミング勉強中です。簡単なHTMLとCSSを勉強しました。小学校でも2020年からプログラミング教育が始まるので、関心があります。

・お金関係

子育てにはお金が付き物です。かなり、倹約家なので、いろいろなお金のコツをお伝えできると思います。

・悩み

子育ての悩みを解決する運営者になりたいです。

子どもの教育観

・子どもの気持ちを理解する。

子どもがどうしたいかを理解しなければ、最善の教育にはつながらないと考えています。

・どんな子どもでも成長したいという気持ちがある。

子どもの個性は様々なです。その個性を大人が比べてしまうから、子どもに変化を要求しますよね。

しかし、子どもも好きで出来ないわけではないと思います。

出来ない何かがあるから、躓いているのでしょう。

その何かに共感できる大人が子どもには必要だと考えています。

・子どもを叱るときは、できるだけ待って短い言葉で

子どもを注意する時は必ずあります。

しかし、いつ注意するか、またどういう言葉で注意するかがとても大切だと考えています。

子どもの様子をできるだけ観察し、「どうしてそんなことをしているの?」と小さな声で尋ねれば、心に響く叱り方になると思います。

気持ちを聞いてから、注意する。さらに、注意する時は短い言葉で…が私の鉄則です。

自己紹介を最後までご覧いただきありがとうございました(^▽^)/