【厳選5選】子供プログラミング教育おもちゃおすすめ!知育に生かす

2020年から小学校のプログラミング必修化が始まりますが、それよりも年齢の低い子供にも先に教えさせてあげたいと思う親の方も多いです。
しかし、いきなりパソコンで始めるというのもまだ早かったり、訳のわからない状態で学習を始めさせても子供に逆効果です。
そこで、今回は未就学児でも小学生でも楽しく遊べる「プログラミング教育おもちゃ」の厳選した5つを紹介していきます。
パソコンを用意せずとも、スマホアプリと連携するだけで買ったその日から楽しく学べるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

MESH(メッシュ)

 

IoTを用いて機能ごとに用意されたブロックで、ものづくりを通じてプログラミングをまなべる知育おもちゃです。
SONYの開発により誕生したこちらの製品ですが、実際にMESHの公式ホームページでは活用レシピなども紹介されており、非常に多種多様なものづくりが可能です。
言語を直接学ぶよりも、意図したい動作をさせたいときに何をすれば動くのか、といったプログラミング的な思考を直感的に学ぶことが魅力の一つ。
実用性も高く本格的にIoTとしても活用できるので、親子で楽しめます。

embot(エムボット)


引用:https://www.embot.jp/product

安価で買えるプログラミングおもちゃで非常に人気な商品です。
高度なロボット型でなく、ダンボールでロボット工作する過程でプログラミング的な思考を学ぶことができます。
ダンボールなので、お子様が自由にお絵かきなども楽しめるのもうれしい魅力。
アプリを通して実際に作ったロボットを動かしたり操作したりできるのでどのような過程でものづくりができるのかを体験できるので、コスパ抜群のおもちゃです。

alilo(アリロ)


パソコンもアプリも使わずともプログラミング的思考を身に付けることができるおもちゃです。
パズル感覚で本体を操作しながら学べることはもちろん、アプリなどと連動することで、さらに深く学ぶことも可能です。
実際アプリに関しては本格的なプログラミング要素も含まれているので、小学生などもプログラミングを学びながら遊ぶことができ、幅広い年齢層のお子様に楽しんでもらえます。

プログラミングロボ コード・A・ピラー


知育おもちゃの中では比較的有名なこちらの商品です。
かわいい見た目が特徴で価格もプログラミングおもちゃの中では比較的お手頃価格のもうれしい魅力。
3歳からを対象にしていているので、対象年齢も幅広くカバーしています。
8個のロボットパーツを組み替えることで自由な動き方や遊び方ができ、論理的な考えから記憶力や考察力など総合的にプログラミングに必要なスキルを早くから育成させることができる優れものです。
どのように組み合わせたらどのように動くのか、という原因と結果の合理的思考を考える機会は学校でもなかなか教えてもらえないので、おすすめです。

マイクロビット micro:bit はじめてセット 知育 STEM プログラミング ガイドブック付


ソフトバンク系列の会社が専門家と共同開発した「micro:bit(マイクロビット)」シリーズ。
手のひらサイズのコンピューターボードで、世界的にも需要が高まってきているSTEM教育(S:Science(化学)、T:Technology(技術)、E:Engineering(工学)、M:Mathematics(数学))にも対応していて、プログラミングの根底にある科学技術の基礎からしっかりと学習することができます。
価格も5000円代で、プログラミングおもちゃの中では良心的な値段で安心。
この商品の特徴として子供が問題につまづいたときに、親の方にプログラミング知識がなくとも教材に沿って行けば丁寧に教えれるようになっており、親子でプログラミングを学ぶことができる優れものです。
「はじめてセット」で理解が進んだら「アドバンスセット」に移ると、より一層理解が深まり学校授業は楽々と進めることができます。

まとめ

今回はおすすめの子供プログラミング教育おもちゃについて、5つ紹介していきました。
いきなりプログラミングの言語を始めても、子供にとっては何もわからないのですぐに嫌いになってしまうこともありますが、今回紹介したおもちゃはすべて実物としてあり、ロボットとして自分の意図したように操作できたりするので、より簡潔に明快に理解できます。
プログラミングの学習で何から始めていいかわからない、勉強させてみたけどつまづいてしまって困っている、というお子様がいればぜひ参考にしてみてくださいね!