子供と出かける時に便利なアイテム!体験談も交えて紹介します!

子供と出かけるのは楽しい半面、大変に思うこともしばしばありますよね。少しでもその大変さをなくすためにも、便利グッズを知っておくと気持ちにも余裕が持てます。

今回は、子供とお出かけする時に便利なアイテムについて体験談も交えて紹介していきたいと思います。

 

体験談1:出かける際に必ず持って行った方がよいものはおむつ、お茶等の水分、お菓子類の軽食、着替え。それらのものを収納できるに小さめのカバンがあるととても便利です。大きいカバンであると動きにくいので適当ではないと思います。またリュックサックのような背負うことができるタイプだと両手が空いてとても便利です。また水分に関しては、蓋、ストロー付きのカップ型のものであると飲みやすいです。さらに子どものお菓子があまったときにそれを密封できるものがあると捨てずにまた与えることができるのでかなり重宝します。最近では百均でも買えるものの多いので、ジップロックタイプが便利です。

 

体験談2:オムツ替えシートと小さなウェットティッシュ、ビニール袋は必ずセットで持っていっていました。オムツ替えシートは有ればどこでもオムツ交換ができ、公共トイレのおむつ台で交換する際も使用すれば台の汚れを気にすることなく使えます。また、交換の際に汚してしまうことも考えられるためオムツ替えシートを使っていればそのようなこともなく安心して使えます。そして、小さなウェットティッシュはお尻拭きやお手拭き、口周りを拭く際に使っていました。おしりふきは重ばるし重く荷物になりますが、ウェットティッシュなら小さいため持ち運びも便利です。ビニール袋は何枚かバックに入れておけば何にでも使えます。汚れ物やオムツを入れたり、食べ残しを入れたり、少し破って簡単エプロンにすることもできます。
このように以上の3点はお出かけする際に便利なのでオススメです。

 

体験談3:0歳7か月の娘がいます。体重は7㎏です。男の私はまだ抱っこできますが、嫁は暴れる赤ちゃんを抱っこしながら、荷物も持って行動するというのが大変そうでした。そのため重宝したのは抱っこ紐、おんぶ紐です。特におんぶ状態でよく使用しました。背中の筋肉が一番大きいのでおんぶはまだ楽なように思えました。髪を引っ張られる可能性もありますが、そこはご愛敬。また車で移動の際は、ベビーシートが重要です。うちの子はまだ後ろ向きに設置して載せています。対面に鏡を付け、運転中でも状況が分かるようにしています。小さい子の移動は、なるべくストレスをかけさせてくないですね。

 

体験談4:私はいつも小さいノートと100円均一に売っている丸シールと小さい色鉛筆を持ち歩いています。とくに言葉がまだ話せない1、2歳児は外出先でグズることが多いと思います。それが公共の場で迷惑になるような場所の時にさっとバッグからそのノートとシールを出し、シール貼りをさせて遊ばせています。意外と薄いのでかさばることもないので気軽に持ち歩けます。そして結構長い時間それで遊んでくれます。遊んでくれますがやはり子どもなので飽きるとまたグズリだします。その時に今度は色鉛筆を出してお絵かきをさせてその場を持たせています。

 

体験談5:出かける時にいつも持っていくのは、犬のフンを入れる袋です。犬のフンを入れる袋は百円ショップに売られていて、袋がロールになっています。その袋がケースの中に入っていて、ケースをママバックに取り付けることができるようになっています。子供と一緒にお出かけするとオムツや食べこぼしなどのゴミを入れる袋が必要になります。ショッピングセンターや病院などではオムツを捨てないでくださいという張り紙のある場所があります。その時にかさばらないゴミ袋があると便利です。オムツ専用の臭わないゴミ袋はコストが高く持ち運びに不便です。犬のフンを入れる袋であれば、百円ショップで手軽に買うことができます。キーホルダーのようにママバックにつけておけば場所を取ることがないので荷物が多いママの味方です。

 

体験談6:育児中にお出かけするときに便利なグッズとして、一番便利に活用できたのは抱っこ紐です。
便利な点として2点挙げられます。まず1点目はサイズ調整が可能な点です。
自分の抱きやすい角度や長さなど微調整ができるため、便利に活用することができました。
私自身身長が低いため手頃なサイズを探すのが大変でしたが、抱っこ紐なら自分自身で調整できるためその点は楽に感じました。
2点目としては、抱っこ紐を使うことで両手が自由に使える点です。両手があくことでお出かけ時の荷物や移動の作業などスムーズに
することができました。また子供も近くにいるので安心できます。
以上2点において便利だと感じおすすめグッズと考えます。

 

体験談7:育児中といっても、子供の年齢にもよりますが、3才以下を想定した場合お出かけ時にあると便利だったのが、マグマグでした。出先で子供はよく喉が乾いてぐずりだすので、これをもたせておけばとりあえずしばらくはおとなしくしててくれます。中身はコンビニなどで調達可能なので少々かさばりますが、重さはありません。あとは大きめのタオルが眠ってしまったときのお布団代わりになったり、椅子が座り心地悪かったときの座布団になったり、暑い時期は背中に挟んでおいて汗をかいたら抜き取れば、着替えの手間がいらず助かりました。けれど何より子供の体力、集中力を考えてプランを立てることが大事ではないかと思います。商業施設などで大泣きしている子供をみかけると、叱られている子供より大声で叱っている親の方に問題があるのではと思ってしまいます。子供が疲れ切ってしまう前に帰宅できるようにするのが一番楽に子供連れでお出かけする方法です。

 

体験談8:二児の母です。今は幼稚園に行くようになったので、お出かけにそこまで気を使うことも少なくなりましたが、また小さい時に一番頼りになるグッズはベビーカーでした。当たり前すぎるグッズですが、私の利用していたのはコンビのものでとにかく荷物がたくさん運べるものでした。出かけた帰りにたくさん買い物したものを持って帰ったり、とにかく子供の為の荷物はたくさんあるのでとても助かりました。ハンドルのところには荷物を引っ掛ける為のフックを別売りのものを4つつけていましたが、常にどのフックにも荷物がかかった状態で、とても良く使い便利でした。私はよく電車を利用するのですが、電車の中では小さな絵本を見せていました。動物や食べ物の名前が絵とともにたくさん載っているものは重宝しました。電車の中での過ごし方は工夫しないと地獄と化すので子供達の今興味のあるもので音の出ないものを見極めて持って行くようにしていました。

 

体験談9:2歳の息子のママです。

最近お出かけ時に欠かさず持ち歩いているのが、ヒップシートです。
子どもの首が座る頃から歩き始めるまでは腰ベルトタイプの抱っこ紐を使っていましたが、自分でどんどん歩けるようになってからは抱っこ紐に入るのを嫌がるようになってしまいました。

その割には体力はまだ付いていないので、ちょっと歩いたら抱っこをせがまれるし、面白そうなものを見つけたらすぐに抱っこから降りたがるので、抱きおろしだけで一苦労でした。

そんなとき、東急百貨店のおもちゃ売り場の近くにヒップシートなるものが売っており、試着したら最高でした!腰に巻いてつけるタイプの小さなイスのような感じで、子どものおしりを載せられるようになっています。これまで腕で子どもの体重12キロを支えていたのが、腰でも支えられるようになってかなり楽になりました。ちょっとかさばるものの、保育園の送り迎えにも毎日持って行っています。オススメです!