育児中のお出かけであると便利なグッズ!オススメ体験談を聞きました!

育児中のお出かけってただでさえ大変ですから、便利なグッズがあったら積極的に使いたいですよね。ということで今回は、子供とお出かけする時に便利なグッズを体験談としてまとめました。参考にしてみて下さい。

 

体験談1:子供を連れて行く際の気掛かりはオシッコ、大人であれば前もってオシッコが出来るのですが、子供の場合は前もってオシッコをしても、オシッコを溜めるところが小さいため、大人の思うようにはなりません。
車に積んで置くと便利なのがビニールシート、男の子であれば立ちションでも構わないのですが、女の子の場合はそうはいかないため、色が付いたビニールシートで囲ってあげると、他人に覗かれず、他人に不快な思いをさせることなく用を足すことが出来ます。
ビニールシートは、お弁当を食べる時などに敷いて使っても便利、また、日除けや雨除けとしても使え、折り畳めば場所は取りません。

 

体験談2:お金を掛けなくても自宅のキッチンで使っている、ジッパータイプの保存袋がとにかく大活躍します。中でも私は、IKEAのジッパー付き保存袋の大中小をフル活用しています。外出先のお着替えを入れたり、哺乳瓶やマグをいれたり、おやつをいれたり、な鞄の中のごちゃつき整理に大活躍。おもちゃコーナーの片づけでも、ジッパ袋で仕分けしたら、地さな部品をなくさずできます。そして、我流ですが、保育園や幼稚園へ行くときの服。朝バタバタしてどれにしようか選ぶのが迷う、ママ以外が世話することがある人には、前もって着替え一式を大きめジッパ袋で数日分用意しておくと便利。朝ジッパーからセットした服を着替えたらいいので、大人が準備にあたふたする手間が省けます。

 

体験談3:赤ちゃんとのお出かけには、オムツやウェットティッシュなど必需品はもちろん持っていきますが、それ以外で、絶対に必要という訳ではないけれどもあれば便利だなというグッズがあるのでおすすめします。それは薄手の毛布です。畳めば小さくなるような、できるだけかさばらない毛布で、サイズも赤ちゃん用の小さなもので十分です。これがあれば、寒くなったときはもちろんのこと、服が汚れてしまったときにその部分に敷いてほかのものが汚れないようにしたり、ベビーカーの中で寝始めたときに太陽光を遮るためにベビーカーを覆ったりすることもできます。私はベビーカーのカゴにいつもこの薄い毛布を入れていて、出かけるときは持っていっていました。

 

体験談4:赤ちゃんとのお出かけで私自身よく使っていてとても便利だと思ったのは、ベビーカーの手すり部分に取り付けるフックです!赤ちゃんとのお出かけは荷物がたくさんになり、とても抱っこでは移動が大変でベビーカーを主に使用していたのですが、ベビーカーの下部分にある荷物入れはママバッグを入れるのにちょっと狭く…すぐに取り出すこともできないので不便に感じていました。そこで取り付けていたのが手すり用のフックです。マジックテープで固定するタイプのものでどの太さの手すりにもフィットしていましたし、ズレにくくしっかり固定されていたのである程度の重さになるママバッグもかけられ、手元にバッグがあるので必要な時にさっと荷物が取れるのもよかったです!

 

体験談5:子供が歩き始めた時に便利だったのが、ダイソーに売っていたベビーカーに取り付けられるシューズクリップです。靴を履かせてベビーカーで外へ出かけても、すぐに疲れてしまう月齢です。寝てしまったりした時に、座席が汚れないように靴を脱がせても今まではビニール袋を持っていてその中に入れていました。起きてまた靴を履いてとなると、面倒でした。しかし、このクリップがあると、脱いだ靴をすぐに挟んで掛けておけるので、脱ぎ履きが面倒ではありませんでした。また、靴を落としてしまう心配もありません。座席も汚れませんし、一石三鳥と思えるほど便利です。

 

体験談6:「ジップロック」がなかなか活躍してくれました。マザーズバッグの中って子供のものをたくさん入れないといけないのでゴタゴタしてしまいがちです。その結果、欲しいものがなかなかとれないこともあります。そうならないためにと使ったのがジップロックです。子供のおもちゃやおやつなど鞄の中に入れているとばらけてしまうものもジップロックならまとめることができます。空気を抜いて収納できるので無駄がありませんし、取り出しやすくて便利でした。防水ですしね。
また、汚れてしまったらそのまま水洗いもできますし、値段も安いので使い捨てもできて楽でした。

 

体験談7:うちの子どもは小さいときからときどき電車に乗ってるのですが、車ではとても静かなのに電車の中でなにもせずじっと座っていることができなくて。なので100均などで子ども向け迷路や、シールブックは必須でした。私はあまりスマホなどをずっと見せたりしたくなくて、なるぺくほかのもので気をそらせようと思い、100均の特にダイソーは小さな子ども向けのものがたくさんあるのでお店に行ったときは探して買っておきました。シールブックはかなり長い間遊べるのでオススメです。あと、間違い探し的なものもなかなか難しいしものも使わないで時間稼ぎができて良いと思います。

 

体験談8:子供が1歳すぎるころまでは、市販のチェアベルトがとても便利でした。そのくらいの月齢だと外食の際の子供用の椅子がまだ小さかったり、場所によってはそもそもないときがあります。そんなときにもチェアベルトがあれば大人用の椅子に子供とベルトを繋ぐだけで子供を座らせることができます。安定しているので子供も安心だし大人もゆっくりご飯を食べることができます。椅子が心配でも、自分自身とベルトを繋げることも可能なのでとても便利です。チェアベルトを購入してから、子連れ外食のレベルがグッと下がり、より楽しめるようになりました。

 

体験談9:洗濯バサミを1つ持ち歩いているとなにかと便利です。小さなやつではなく、中くらいの大きさのやつはいいですよ。食事の後、エプロンやタオルを濯いで、ベビーカーに引っかけておけば乾きます。靴を片方だけ落とさないように二足を止めておくと落としたときに気が付きやすいというのもあります。ベビーカーの持ち手のところに挟んでおけば、軽い荷物は引っかけておけたりします。ブランケットを挟んでおくのにも使えたりしますよ。それ専用のグッズに勝ることはなかなかないですが、洗濯バサミなら安価なので、壊れてもまた買い直すという面では手が出しやすいかなと思います。

 

体験談10:育児中にお出かけする時にあると便利なオススメグッズは、なんといってもマザーズバッグです。これは、子育てをしている時には欠かすことができません。少し大きめのほうが、いろいろなものを収納することができるのでとてもいいです。子供のものはもちろんのこと、自分のものもたっぷりと収納をすることができます。おしゃれなマザーズバッグがあるので、それだとどんな時もおしゃれに持ち歩くことができます。おしゃれもしたい、育児も頑張りたい人にとってはとても良いバッグと言えるのではないでしょうか。育児のとき以外でも使ったりしています。