2020年からプログラミングが小学生でも必修化されます。

とはいうものの、どうやって勉強させたらよいでしょうか?

親である私達がプログラミングの勉強をしてませんので

教えようがないですよね。

プログラミングの勉強方法をインターネットで検索していると

何とゲームをしながらプログラミングを学べるすばらしい

ゲームがあることがわかりました。

そのゲームとは・・・

マイクラ!!

この記事ではマイクラというゲームでどのようにプログラミングを

勉強できるのかについて紹介します。

 

マイクラって何?

マイクラとは「マインクラフト」というゲームで自分でブロックなどを自由に

組み合わせて家をつくったり、お城を建築したりすることができ、他のゲームと

違い明確なゴールがなく、自分で自由に世界を作れるものです。

 

特徴としては様々なデバイスで遊べるというものがあります。

本格的にマイクラを楽しむならパソコン版(Windows/Mac)がオススメですし

気軽に始めるならスマホやタブレット(iOS/Android)、ゲーム機で遊ぶなら

Wii UやXbox、プレステ、任天堂Switchなどほとんどのゲーム機に対応しており

子供でマイクラを知らない子がいないと言っても過言ではないくらい

有名で人気なゲームです。

 

ちなみに私の子供は任天堂Switchでマイクラをプレイしています。

StartupStockPhotos / Pixabay

 

なぜマイクラが人気なのか?

明確なゴールもなく、ボスがいるわけでもなく(子供いわく一応ラスボス的な敵はいるようですか・・・。)

自分の好きなものを作るゲームがどうしてここまで人気なのでしょうか?

私も子供の頃はマリオ、ドラクエやFF、スト2などのゲームを散々遊んだ自称ゲーマーなのですが

昔ながらのゲーム好きからすると、ボスのいないゲームで達成感があるのか?と

疑問に思っていました。

 

子供が実際にマイクラをしているところを見ると、自分の好きなyoutuberが

作ったものを真似して作ったり、友人とオンラインで一緒に冒険してみたりと

楽しんでいました。最近のゲームの楽しみ方も変わったのだなと実感しました。

 

マイクラでプログラミング!?

マイクラのことがある程度理解できたところで、本題に入ります。

マイクラでプログラミングをどのように勉強できるのでしょうか?

それは勉強と構える必要はなくて、実際にプレイしていると自然と考え方が

身につくと言った方がよいでしょう。

 

マイクラでは主人公が実際に食事したり睡眠したりして生活をするのですが

食事に必要な小麦や牛肉などは実際に自分で収穫したり、家畜を飼って

食べるということを行うのです。

その際に最初の頃は小麦を植えて育ったら収穫して食べる、家畜が産まれたら

育ててから食べるということをするのですが、意外とめんどくさい作業です。

 

そこで、自動で小麦を育てて収穫したり、家畜を育ててお肉にする(少し残酷ですが・・・。)

という自動装置を作ることができるのです。

 

攻略本やyoutubeを見ながら試行錯誤しながら自動装置を作っていますが

手動作業→自動作業にする

ということは実は

プログラミングを勉強している

のです。

 

これらの自動装置を作る際にプログラミング言語でいうところの

フリップフロップ回路やOR回路などをゲームしながら

身につけているのです。

Free-Photos / Pixabay

 

勉強と構えてしまうと抵抗もあるかと思いますが、ゲームを楽しみながら

いつの間にかプログラミングを勉強してしまっているのであれば

自然と身につくのではないでしょうか。

 

マイクラにはもっと本格的なプログラミング学習がある?

普通にマイクラのゲームを楽しむだけでもプログラミングの基礎や

空間把握能力などは身につきますが、いざ本格的なプログラミングの

学習ができるかと問われれると少し不安な点もあるのではないでしょうか?

 

これだけではやっぱりプログラミング教室に通わせないとダメかなと

思うかもしれませんが、マイクラにはもっと専用のプログラミング学習が

できるものが用意されているのです。

 

それは無料でパズル感覚でプログラミングを学ぶことができる

「Minecraft Hour of Code」というものです。

これはオンラインで学習できるものでチュートリアルで実際に

プログラミングのコードを学べます。

マイクラのキャラクターが主人公ですのでマイクラ好きな子供に

とってはまさにゲームの延長線上で学習できると思います。

 

ウェブ検索で「Minecraft Hour of Code」と検索すると

出てきますので、クリックして進めてください。

小学2年生〜と記載がありますが、最初は大人が一緒にプレイした

方がよいでしょう。

初めから日本語になっていることもありますがなっていなかったら

言語設定を日本語にしておきましょう。

3D_Maennchen / Pixabay

 

・Minecraft Voyage Aquatic

・Minecraftアドベンチャー

・Minecraftデザイナー

・Minecraft: 主人公の旅

と4つのチュートリアルがあります。

 

Minecraftアドベンチャーは創造性と問題解決スキルを発揮して

プログラムで水中世界を探検し構築しようという説明になっています。

Minecraftアドベンチャーはプログラムをして、スティーブかアレックスに

Minecraftの世界を冒険させよう!となっていて

Minecraftデザイナーはニワトリ、羊、クリーパー、ゾンビをプログラムして

自分だけのオリジナルなMinecraftを作ろうとなっています。

Minecraft: 主人公の旅はJourney through Minecraft with code.となっていて

12のミッションをクリアすると主人公であるスティーブがトロッコに乗って

アイテムをゲットできます。

 

4つのチュートリアルをすることでいつの間にかコードを覚えることができます。

 

いかがでしたでしょうか?

単純にゲームをするだけでもプログラミングの考え方を学ぶことができる

マイクラですが、コードを本格的に学びたいのであれば無料ながら

基礎が学べる「Minecraft Hour of Code」も是非利用してみてください。

自宅で簡単にプログラミングが学習できますよ。