【2020年開始】小学校プログラミング教育とプログラミングの違い

2020年からプログラミング教育が実施されます。

しかし、HTMLやCSSのようなコードを打って、プログラミングを学ぶわけではありません。

男の子

パソコン使って、かっこいいサイトでも作るのかな〜

さとママ

残念ながらそういうことではなさそうよ

プログラミング教育とプログラミングは全く違うものです。

今回は、その違いと学校教育でどのようなプログラミング教育が行われるのか紹介します。

プログラミング教育とプログラミングの違い

Simon / Pixabay

 

小学校で始まるプログラミング教育とは?

国から出されている指針は以下の2点です。

①コンピュータで文字を入力する学習を通して、基本的な操作を習得するための学習活動

児童が簡単なプログラミングを体験しながら、意図した処理をコンピュータに行わせ、論理的思考を身につける

はコンピュータの基本的なスキルを身につけること

はコンピュータを通して論理的思考力を身につけること

が目的となっています。

簡単にいうと、パソコンをどんどん使って、パソコンスキルを身につけさせましょう!ってことです。

男の子

なんだそんなことなのか

と思われた方、正直にお伝えすると、そんなものです。

学校で行われるプログラミング教育は、①と②の充実を目指します。

義務教育が終わる頃にはHTMLのコードを少しくらいかけるようになっているのかな?

と思っていた方もいるかもしれませんが、残念ながらそうはならないということです。

もう、この記事をご覧になっている時点で、そのことはご存知かもしれませんが。

プログラミングとは?

プログラミング=プログラムを作ることです。

プログラムとは、コンピュータを使った処理を順番に書いたものです。

コンピュータには、『10メートル先を右に曲がって』といっても通用しません。

コンピュータの場合

1 10メートル前に進む

2 右に体を向ける

3 進む

のように1つ1つ指示を出さないとプログラムにならないのです。

人間は考えて体を動かすことができますが、コンピュータはそういうわけには行きません。

感情もないので、『なんとなくこんな感じかな?』と相手の気持ちを察知して動かないですよね。

逆に動き始めたら怖いです。

AIはその恐怖を感じさせるものではありますけどね。

話が少しそれましたが、プログラミングとはプログラムを作ることなので、プログラミング教育とは全くの別物です。

私たちが使っている、ウェブサイトやアプリ、パソコンなどは全てプログラミングによって作られています。

見えているサイトは美しくても、見えない部分で文字の大きさや色、位置をCode(コード)で指示しているものがプログラミングです。

なので、時代の最先端といっても過言ではないですね。

プログラミングに興味のある方は、こちらをどうぞ。

副業でもプログラミングは最強です。



実際、小学校の授業ではどのようなプログラミングをするの?

Mocho / Pixabay

 

そもそもタブレットやパソコンは一人一台あるの?

これは、自治体によってかなり差があります。

東京をはじめとする大都市や企業の恩恵を受けているような自治体では、税金が教育に回ってきます。

しかし、お金を教育以外に回さなければならない自治体もかなり多くあるのが現状です。

私が知っている学校を比べてみると、パソコンの性能やタブレットの数にかなりの差があります。

金額も高額なので、学校独自で購入できないのが現状だと思います。

暗い話ばかりしましたが、2020年に向け、インターネット整備が進んでいる自治体もかなりあるようです。

お子さんが通われている自治体がどうなっているのかはわかりませんが、気になるようでしたら学校の職員に聞いてみるといいですよ。

パソコンやタブレットの状況くらいは教えてくれると思います。

『プログラミング』という授業の時間があるの?

これはありません。

ここが保護者の勘違いを産みそうですよね。

あくまで、プログラミング的思考を育むことが目的なので、

さとパパ

授業の指導方法の一つとしてプログラミングを使うよ

ということです。

今ある例示は、算数の図形でパソコンを使って、角度を計算しながら作図する授業などが展開例としてあげられています。

パソコンを使って、プログラミング的思考を育み、各教科のねらいを達成させようとするのですから、扱える授業は限られていると思います。

2020年から始まるといっても、ほとんど授業実施ができないのが現状ではないかと予想します。

そもそも教員にプログラミングの知識はあるのか?

geralt / Pixabay

これは、はっきりってほとんどの教員がプログラミングに触れたことすらないと思っています。

なので、現場はかなり困っているのではないでしょうか?

おそらく、来年度に向けて、どの学校も研修を用いてプログラミング教育を学んでいるはずです。

しかし、その中には、パソコンが苦手な教員もいるわけですから、苦戦しますよね。

学校の先生がかなり気の毒です。

英語の必修、道徳の教科化、プログラミング教育導入…鬼ですが、未来の子どもたちのために頑張って欲しいですね!

やっぱり子どもにはしっかりとしたプログラミングを学ばせたい!

プログラミング教育の現状を知って、プログラミングを習得する期待は無くなりましたよね。

そこで、プログラミング教育とプログラミングをどう考えるかです。

学校教育の中でプログラミング的思考に触れることは、とても大切なことだと思います。

しかし、プログラミングはもはや職業です。

それも、かなり市場規模の大きい職業です。

もしかしたら、お子さんの得意な分野になり、

男の子

将来の夢はプログラマーです。

ということだってあります。

プログラミング教育が始まることによって、さまざまな場所で子どもたちがプログラミングを習うことができるようになると思います。

お近くのプログラミング教室を探してみてはいかがでしょうか?

今は始めどきとなっているので、無料体験やら無料特典などが豊富な時期です。

これを機に、プログラミングに挑戦させてみましょう♪

Tech Kids School【テックキッズスクール】

おすすめのプログラミンスクールの公式サイトを貼っておきます。