ロボ団に通っている子供にインタビュー!ぶっちゃけロボ団ってどう?

2020年から小学生で必修教育となることが決まったプログラミング。

とはいえ、どんなことを勉強させたらよいのかわからないですよね?

親である私達がプログラミング教育を受けていないので当然といえば当然ですよね。

私はプログラミング教室に子供を通わせるのが早いと考えて

色々調べた結果、「ロボ団」というプログラミング教室に通わせています。

実際に子供に「ロボ団」についてどう思っているのか

インタビューしてみましたので紹介したいと思います。

StockSnap / Pixabay

 

・ロボ団って楽しいの?

ロボ団では2人1組で毎回レッスンをします。2人で協力して作業する目的があると思いますが

私の子供は友達と一緒に作業するのが何より楽しいようです。

10人程度のクラスなのですが、毎回ペアとなる子が違います。

私の子供は1人で兄弟がいないため、友達と遊ぶ感覚で楽しんでいると

言ってました。いろいろなタイプの子供がいるためコミニュケーション能力を

磨く練習にもなっているようです。

klimkin / Pixabay

 

先生の教え方はどう?

子供同士は楽しくても親としては先生がキチンと教えてくれるかも気になるところですね。

実際に子供に聞いてところ、10人のクラスで先生は3人いて、さらにアシスタントのような方も

1人いて、わからないことがあれば質問して答えてくれるとのことです。

先生の話を聞かずに子供同士で話してる時や時間を守らなかった時はしっかりと

先生が子供達に注意していました。

自分の子供に聞いた際も

「学校の先生よりもおもしろいし、話がわかりやすい。」

と言ってました。

 

私も実際にレッスンを見た時はわかりやすく教えてくれていました。ただ、間違えたことをした時は

思ったよりしっかり怒ってくれますし、うまくできた時はちゃんと褒めてくれます。

当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、少人数のため目は行き届いていて教え方も

納得いくものですよ。

 

・ロボ団の嫌なとこは?

ここまでロボ団のいいところばかり紹介してきましたが

嫌なところもあるのではないでしょうか?

あまりいいことばかり言って悪いことを隠してしまっても

いけないので、嫌なところも正直にお話ししますね。

私の子供にインタビューした際のロボ団の嫌なところは

「レッスンの時間が短すぎる。」とのこと。

それって子供にとってはレッスンが楽しいということですね。

今まで勉強が嫌いで集中することが苦手で、宿題をやっても30分も

続かない状態だったのに親としては信じられないくらい嬉しい誤算です。

 

ただ、親としては少し気になる点があります。それはレッスンの時間です。

私の子供が通っているベーシックのコースでは月2回、1回180分のレッスンなのですが

曜日が土曜日、時間が15時〜18時なので親の立場から言うとその日はなかなか予定を

立てにくいです。というよりレッスンのある土曜日はどこにも出かけることはできません・・・。

Alexas_Fotos / Pixabay

 

・目標は?

もともと親である私達がプログラミング教室に通わせたわけなのですが

子供に目標はあるか聞いてみました。

すると・・・。

何と「大会に出て優勝したい!」という以外な答えが返ってきたのです。

今まで英会話や習字などいろいろな習い事をやってきてどちらかというと

宿題も親に言われて嫌々やっていたのですが、プログラミングはよほど楽しいのか

親が言わなくても自発的に宿題をやったり学ぼうとしているのです。

 

そして、時々プログラミング教室が主催する大会があります。

前回はまだ出場資格がなかったので見学に行ったのですが、そこで実際に

ロボットで課題にチャレンジする様子を見て自分もその大会に出て

優勝してみたいと言ったのです。

 

私の子供に限らずに最近の子供を見ていると比較的目標を持たないし

負けず嫌いな子が少ないように感じていましたが、自分の興味があることに

対してはしっかりと目標を持てるのだと気付かされました。

 

・ロボ団の難易度は?

1回180分もあるレッスンであまりに難しくて理解できない状態でレッスンを受けていたら

本人にとっては苦痛な時間だと思い、レッスンの難易度を子供にインタビューしてみました。

すると・・・

「難しくはないけど、簡単ではなくちょうどいい。」との答えでした。

 

今のところはきちんとレッスンについていけてるようで安心しました。先生の

教え方もわかりやすいですし、自分で考えて理解できるように工夫されていますので

ちょうどいい難易度のようです。

私の子供はベーシックのコースですのでベーシックを修了すると

次のコースであるアドバンスのコースがありますので、順調に理解していけば

アドバンスのコースも受けてみたいと言っています。

 

ロボ団では1人に1台ipadが必須で入会時に準備するように言われます。

これは宿題やマニュアル、連絡事項などがipadのアプリで管理されているため

なのですが、毎回出題される宿題もノートに書くのではなく、ipadのアプリで

宿題をして、回答すると点数が先生にもわかるようになっていますので

子供としてもゲームに近い感覚で楽しく宿題をすることができるようです。

 

以上がロボ団に通っている私の子供へのインタビューになります。

比較的飽きやすい私の子供がハマるくらい楽しんでいるロボ団。

是非、検討しているあなたの参考になればと思います。