【小学生の英語教育】学校任せで大丈夫?英会話力向上の秘訣は?

英語教育は学校任せで大丈夫なのかという疑問にお答えします。

結論から先にお伝えしますと、お子さんの英語に

何を期待するかです。

英語のテストで点を取れるようになって欲しいのか。

それとも、英語をペラペラと話せるようになって欲しいのか。

まずはそこから考えることが大切です。

学校教育では、どのような英語の力が身につくのか

①英語を好きになる可能性が高い

ゲームなどで友達と関わることが多く、楽しく学習できる。

授業で覚えた単語やフレーズを使って、友達とたくさん関わります。

②中学校に向けて学力が高まる

以前のイメージでいうと、中学校1年生の内容を学習している感じです。

簡単な単語や文法も出てきますし、ライティングも少しですが行います。

しかし、単語の意味をそもそも理解していないので、躓くことも多いです。

躓きながらですが、楽しく学習している子どもがほとんどですね。

中学年から始まる外国語教育は、子どもの実態に合っていると感じます。

学校教育で意識していること→英語を好きになってほしい

まずは、英語を好きになってほしいですよね。

そのような場合は学校教育で十分だと思います。

学校では

・文法を紹介

・単語を知る

・会話練習

といった感じで学習が進むことが多いです。

(リスニングや文をつくることもあり)

子どもたちは、会話をするために

文法や単語を覚えます。

それを使って友達と楽しく学習をしていきますので

英語が好きになる子どもが

多くなると思います。

「好きになってくれるならいいわ!」

と思う方は学校教育に期待していてよいかもしれません。

しかし、英会話力を身につけさせたいと

考えている方はちょっと厳しいです。

なぜなら、中学校、高校教育は

英語学習のスタイルの変化がないからです。

英会話力を身につけさせたい

メディアでは、小学校の英語教育に力を入れていると

報道されています。

事実だと思いますが、英会話力を身につけられるかは

別問題です。英語を好きになる力と英会話力は違います。

漢字や言葉をたくさん覚えても、話すことはうまくなりませんよね。

これと同じように学校現場での英語教育と英会話力を身につけるために必要な学習は方向性が違うので、まず英語を話せるようにはなりません。

英会話力を高めるのなら、やはり、英会話力の育成に力を入れている場で学習させることが大切です。

今は、英語教育を選べる時代

小学校の英語教育でも英語は楽しく学べると思います。

でも、何のために学ぶのか、ですよね。

英会話力を身につけたいので、

ネイティブな方から

学べたらいいですよね。

送り迎えが難しい…と考えている方もご安心ください。

今はオンラインでも英会話の授業が受けられます。

習い事一つで多忙になることがありませんので

こちらもおすすめです。

英会話についてまとめた記事がありますので、もしよければ見てください(^O^)

【厳選3選】小学生におすすめのオンライン英会話!自宅の英語教材!