Tech Kids Schoolの料金をコース別にまとめてみた

サイバーエージェントが運営していることで有名な、小学生向けプログラミングスクールのTech Kids School。
プログラミングを0から始めるコースから、本格的に学べるコースまであり、現在まで3万以上の子供達にプログラミング学習を提供しています。
そこで今回はTech Kids Schoolの料金をコース別にまとめてみました。
実際に入会に悩んでいる親の方や、とりあえずどのくらい料金がかかるかだけでもみたい、という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Tech Kids School(継続学習コース)


引用:http://sagamioonojuku.com/post-1552/

料金

月3回(1回120分) 21,000円/月 [19,000円(受講料)+2,000円(教材費)]
※オプション
PCレンタル 4,000円/月
(全て税別で、支払いはクレジットカードのみ)

特徴やカリキュラム内容

一番オーソドックスなコースです。
最大3年間じっくりと時間をかけてプログラミング言語を学ぶコースとなっています。
1年目はQUREO(後述のオンラインコースで説明)や文部科学省推奨のScrachを学びます。
Scrachの特徴として、マウスの操作などで直感的にプログラミングとは何か、どういう動きができるのかというところから学習していけるため、初心者でも楽しめる言語です。
2年目以降は、iPhoneアプリ開発コースとUnityプログラミングコースの2つのコースに別れます。
ここではSwiftやUnityなど実際にプロも使っている言語で、本場のプログラミング言語を使って開発を体験していくことが主な目的です。
基本的な学習内容は大差ありませんが、iPhone好きやアプリ開発ができるようになりたいなどの希望があればiPhoneのコース、ゲーム開発などどちらかというとクリエイターを目指していきたいお子さんはUnityを選ぶといいでしょう。
特に希望がない場合は、個人的にUnityコースを選ぶといいでしょう。
理由としてはiPhoneのコースだと、iOSのみでしか開発ができないため、汎用性がUnityよりもやや低いためです。
もちろん、そこまでの差はないので、基本的にはどちらでも問題ありません。

Tech Kids CAMP(短期体験コース)


引用:https://precious.jp/articles/-/6530

料金

[2days] 34,000円
[3days] 49,000円
PCのレンタル料金込み
一部割引特典あり
(全て税別で、支払いはクレジットカードのみ)

特徴やカリキュラム内容

いきなりスクールに通うのは抵抗があるけれど、どんなものかは知りたいという方や、短期間だけでもこどもに学習させたいという方におすすめのコースです。
3つのプランがあり、初級〜上級までレベルに合わせたプランを選ぶことができます。
上級者向けのコースにはiPhoneアプリ開発コースがあり、実際に合宿中に開発したアプリをお手持ちのiPhoneやiPadに入れて持って帰ることができるなど、非常に本格的です。
2daysはプログラミングの楽しさを重点的に体験してもらうコースとなっており、3~4人グループに1人の先生(メンター)がついてくれるので、サポート体制も整っています。
3daysプランは2daysよりも、しっかりとプログラミングで開発することを重点的に学べるコースです。
体験だけでなく、挑戦したい!というお子さんは3daysがオススメです。

QREO(オンラインコース)

引用:https://japan.cnet.com/article/35127888/

料金

・フリープラン 基礎を学べるプログラミングコースの20レッスンまで無料
・プレミアムプラン
1ヶ月プラン 2,500円/月
6ヶ月プラン 9,000円/月
12ヶ月プラン 15,000円/月
全て税込価格

特徴やカリキュラム内容

教室が住んでいる地域にないお子様に学習させたい方はこちらのコースで学ぶことができます。
オンラインのため、時間は自由に合わせることができますし、自分に合ったペースで学習することができます。
フリープランも用意されているため、いきなり入会するのはちょっとという方でも安心です。
教材に使われるQREOは、サイバーエージェントグループの会社が開発したプログラミング学習サービスです。
全くプログラミングを知らない状態から、しっかりカリキュラムを積んでいけば、プログラミングの応用部分まで学習することができます。
実際にQREOを最後まで学習すると、基本的なプログラミングの基礎が完成し、どの言語にも対応できる汎用性も身に付けることができるので、フリープランで頑張れそうだったら、最後まで挑戦してみるといいでしょう。
通学コースも用意されているので、お近くに教室がある方は直接QREOを教えてもらえることもできます。

まとめ

今回はTech Kids Schoolのコースごとの料金体系をみてみました。
しっかりと学習したいお子様向けから、まずはプログラミングってどういうものか触れてみたい、というお子様まで幅広く対応しています。
実際に体験してみて、お子様に合ったコースを見つけてもらえればと思います!