休みの日に小さい子供を連れて楽しめるお出かけコース体験談まとめ!

休みの日にどこ行こうかな?なんて考えることって多いですよね。そこで今回は、10人の方の休みの日に子供とどうやって遊んでいるか体験談をまとめましたので是非参考にしてみてください。

 

体験談1:私が、休みの日に小さい子供を連れて楽しめるお出かけコースでおすすめしたいのは、神戸市中央区にある東遊園地です。遊園地という名前になっていますが、じつは景観のよい自然の恵み豊かな公園となっています。アクセスも非常に便利な神戸三宮駅から徒歩10分程度であり、お弁当を持って出かけるとピクニック気分が味わえるのでうってつけです。ベンチもありますが、緑の芝生に腰を下ろせば、さながら森林浴も楽しめる隠れた人気スポットです。街ナカであることを忘れてしまうくらい、小鳥のさえずりや自然の風を感じることができます。バドミントンをしたり、かけっこをしたりと子どもたちも大満足してくれること間違いないお出かけコースですよ。

 

体験談2:私の家の近くには山を整備して公園とちょっとした登山ができるようになっている場所があります。

頂上には公園と展望台があり子供でも気軽に登ることができます。

個人差もありますが登って降りての往復で30分~40分ほどで歩くことができます。

頂上までのコースも1本ではなく何本かあるので好きなコースで登ることができます。

また麓に公園もありますが、整備されたビオトープのようなところもあるので小魚やザリガニなどを捕まえて遊ぶこともできます。

さらに徒歩で行けるところにプラネタリウムもあるのでひとしきり遊んだあとにプラネタリウムを見てから帰ることもできます。

お金もほとんどかからずに楽しむことができるのでよく子供たちとこのコースでお出かけしています。

 

体験談3:子供はとにかく待ち時間が苦手ですぐにぐずりだすので、車や電車等移動は長くて1時間までと決めてお出かけをしています。もしどうしても1時間以上かかってしまう場合は、大きいサービスエリアで休憩を挟み思いっきり体を動かしておやつを食べるなどして残りの移動時間はお昼寝をしてもらったりします。男の子なら電車やバスを乗り継ぐだけでも1日楽しめるので15分くらいの電車に乗りさらに15分くらいのバスに乗ったりします。1歳以下のまだ歩く前のこの場合は移動は抱っこひもやベビーカーで済ませて、支援センターなどの室内で遊べる場所へ向かいます。2歳から3歳くらいの子の場合は、公園や動物園などにつれていきますが毎週動物園などではお金もかかってしまうのでオススメはハウジングセンターのイベントです。キャラクターショーがやっていたりスタンプラリーでお菓子が貰えたりして1日時間がつぶせます。

 

体験談4:いろいろな公園があると思いますが、私がおすすめするのは「交通公園」です。
小さい子供のために、楽しみながら遊ぶ感覚で交通ルールを学べます。
無料で子供用の自転車や、幼児用の足こぎカートなどが借りられて、自転車の練習にもなると思います。
公園内には、小さな信号機や遮断器、横断歩道や遊具もあり、管理人のかたもいらっしゃるので、安全に遊べますよ。
人気のスポットとは言い難いので、そんなに混雑していないと思います。
お天気の良い日には、ピクニックも楽しめるので、散歩がてら交通ルールも安全に学べ、お金もかからないのでおすすめです。

 

体験談5:小さい子供は泣いたり大きな声を出したりすることがあって、一般行楽地に行くことをためらいがちになります。遊園地などに行けば楽しめることは分かっていますが、他の人に迷惑がかかることや、思いのほか費用がかかることも、行くことをためらう理由になっています。その点を踏まえておすすめするスポットは、「交通公園」です。交通公園は交通事故での死者が多かった交通戦争と呼ばれた昭和40年代に多く作られた施設で、子供から大人まで交通ルールを学びながら遊ぶことができる公園です。安価で遊べる遊具もあり、無料で楽しめるものなどたくさんありますから、子供も大人も一緒になって交通ルールを学びながら楽しめる施設だと思います。大小の施設が全国に多くあり、都内は23区だけでも20箇所もあるようです。大事な子供が交通事故に遭わないようにする観点からもおすすめです。

 

体験談6:午前は無料で駐車または無料公園スペースへ出かけて遊ぶ(シャボン玉、ボール、砂場道具など持参)。おやつ・水分休憩の持参も忘れずに。昼食は近くのマクドナルドへレッツゴー!子供はハッピーセットで満足(できたらプレイルーム付きのマクドナルドへ出かけたら食後もしばらく遊べて、大人もゆっくり昼食がとれる)。午後、買い出しがてら、子供用のショッピングカートのあるスーパーへ出かける。周囲に気を付けながら子供に買い物気分を味わせながら、親はせっせと買い物を済ます。自宅へ帰宅後、子供は遊び足りないと思うので、自宅で遊ぶ。(外出する前におもちゃを5~6個、自宅のあちこちに隠しておく)遊びに飽き始めたら、子供へ「●●を▽個かくしてるので、見つけて!」と探しものをさせる。この間に、掃除したり、料理していたらあっという間に夕飯時に。あっという間に1日過ぎていきます。

 

体験談7:近くに公園がたくさんあるところに住んでいるので、一つの公園に飽きたらまた違う公園に連れて行っています。毎回同じ順番だと飽きてしまいますが、今日は近い公園から順番にとか、遠い公園から家に近づいてとか、行く順番を変えたりランダムに行ったりしています。公園内でお弁当を食べてピクニック気分を味わったり、ブルーシートを持って行ってお昼寝をしたり、家の中ではできないシャボン玉で遊んだり、子供は楽しそうです。また、フードコートのあるショッピングセンターへ行って、そこでおやつを一緒に食べたり、図書館で絵本の読み聞かせをしたりしています。

 

体験談8:大人ものんびりとできるような、だたっぴろい広場がある公園であれば、お弁当を持っていけば1日中楽しめる。1人で寝っ転がれるくらいの小さなポップアップ型簡易テントとイスを持って行けば、子どももテントで遊べるし、大人も日差しを気にしなくて済む。人工的な川や、遊べる噴水池など、水場があるような場所では、着替えとバスタオル、水着・ラッシュガード、もしくは水遊び用パンツを準備しておけばたくさん遊ばせられる。天気が悪かった場合、機嫌が悪かった場合など、いろいろなパターンを考えておけば、予定がずれた時でも困らない。

 

体験談9:私はいつも休みの日に小さい子供を連れてお出かけ先に困った時は最寄りのイオンに行くことにしています。イオンは子供を連れて行くと1日そこで遊ぶことができます。まず子供用の授乳室やおむつ台等の設備が完備されていますし、土日になると子供体験型のイベントは必ずやっています。同じようにイオンに来る保育園等のお友達もいてばったり出会うことも度々です。おもちゃ売り場に行くと触ってた楽しめる展示品のおもちゃもたくさんありますし、うちの子供はそこで2.3時間遊び続けていたこともあります。お昼はフードコートで子供の好きなメニューを食べれば良いですし、少し大きくなれば映画を見ることも楽しいでしょう。なので私にとっていろんな意味でイオンはお勧めです。

 

体験談10:東京都、お台場は如何でしょうか。
りんかい線の東京テレポート駅から徒歩で10分程度の範囲に、パレットタウン、フジテレビ本社、ダイバーシティお台場、アクアシティお台場と行楽スポットが多数存在している為一日では回りきれない程見物、買い物スポットがあります。
この中でも特にお薦めしたいのは「メガウェブ」です。トヨタ自動車が直接運営している自動車のショールームですが、ただクルマが展示されているだけで無く、3DCGのモータースポーツ映像体験や、環境配慮の工作ワークショップイベントを多々開く等、お子様向けの施設な印象がありますし楽しめます。